実は受験に通じる採点法!?体操競技と受験勉強の意外な関係とは?

  • 2019.07.20
  • 受験情報

 

いよいよ来年は2020年、東京五輪が開催されます。さまざまな競技が行われますが、今回はメダルを期待されている「体操競技」について、実はその採点法に受験との「意外な共通点」や「参考になる点」があるのでご紹介します!

 

CONTENTS:

1.受験に通じる体操競技の採点法とは?

2.Eスコア的要素を伸ばす勉強法!

3.本番こそEスコアを重視!?

4.個人総合2連覇の内村航平選手、ラストで大逆転勝利!!

5.内村選手に見習う受験勉強

 

1.受験に通じる体操競技の採点法とは?

体操競技とは、体操の技術と美しさなどを競う競技のことで、受験生が日ごろから模試の点数を意識するのと同様に、体操選手たちも日ごろから試合の点数を意識して練習に励み、本番で高得点を狙います。

 

体操競技の採点方法は、国際体操連盟(FIG)が制定する採点規則に基づいて、技の難易度・美しさ・雄大さ・安定性などの観点で複数の審判員が採点し、そこから得点を算出して順位を競います。

 

得点は以下の2つの評価を加算して算出されます。

Dスコア(演技評価点、Difficulty Score)----