体罰で成績は上がらない?~子どもをやる気にさせる言動・ダメにする言動とは~

  • 2019.05.24
  • スタッフ日記

 

体罰虐待の痛ましいニュースが後を絶ちません。今の世の中、「いかなる理由があっても暴力は絶対にいけない」とされているのにも関わらず、日本ではまだ「体罰は必要悪だ」という考えが根強くあります。未だ「しつけのためにはやむを得ない」と考える人の方が多数でなかなかなくならないというのが現状です。実は世界的にみて日本はかなり後進国なのです。

 

 

グローバル化が進むなか、親や教師など大人のこうした考えは改めなければなりません。上図のグラフのように、2018年時点で世界では54ヵ国が法的に体罰を禁じています。実は体罰は悪影響こそあっても、メリットはほとんどありません。

それでは「体罰によらないしつけ」とはどういうものでしょうか。ここでは、体罰がなぜ悪いのか、子どもをやる気にさせる言葉、またはダメにしてしまうNG言動をご紹介します!

 

1.そもそも体罰とは?

 

体罰とは、親や教師、コーチなどが指導する上で与える肉体的、精神的苦痛を伴う懲戒罰のことです。つまり、殴る、蹴る、長時間立たせるなどの身体的苦痛を伴うものや、人格を否定するような暴言や罵声を浴びせるなどという精神的苦痛を伴うもののことをいいます。これは「体罰ではなくしつけだ」「指導の一環である」と反論することがありますが、そうでなければただの暴力で犯罪です。

 

体罰や虐待を行う人のなかには、規律やルールを重んじる日本の伝統文化だと思っている人が多いようですが、これは誤りです。むしろ江戸時代は、外国人から日本は子どもに体罰を与えず、言葉でしつけをしている「子どもにとって天国の国」と驚かれていたほどです。

これが戦前、軍国主義教育となり、体罰や暴力は当然とされるようになってしまったのです。つまり、体罰を行っている大人は、日本の伝統文化や教育などではなく、戦前の軍国主義を未だ引きずっているということになります。

 

2.体罰はなぜよくないのか~知られざる副作用的リスクとは

 

確かに子どもは体罰によって、恐怖心から一時的に言うことをきくようになります。それが低年齢なら低年齢ほどその効き目は大きいでしょう。しかしながら、その悪影響も低年齢ほど大きくなってしまいます。